• 過去の基礎コース

    L’art passé au présent〜アンティーク鑑定基礎コース

    アンティーク鑑定基礎コース(2015年度)
    〜 アンティーク家具と装飾美術の歴史

    期間:2015年4月〜2016年3月
    講師:蜷川浩史 他

     【2015年度は終了しました】

    前期 (第1回〜第12回)

    1.英国・エリザベス様式の家具  講師:蜷川浩史 4/1(水)

    2.フランスのガラス サン・ルイ、バカラからラリックまで  講師:河合恵美 4/15(水)

    3.英国・ジャコビアン様式  講師:蜷川浩史 4/22(水)

    4.英国・ウイリアム&メアリー様式、クイーン・アン様式  講師:蜷川浩史 5/27(水)

    5.テルマエ・ロマエのアンティーク、鏡から身だしなみ用品まで  講師:中川真貴 6/10(水)

    6.英国・ジョージアン様式  講師:蜷川浩史 6/24(水)

    7.ヨーロッパの陶磁器 ルネサンスから新古典主義まで  講師:大平雅巳 7/1(水)

    8.英国・チッペンデール様式、アダムス様式  講師:蜷川浩史 7/29(水)

    9.フランス・ヴェルサイユの芸術様式 〜ルイ14世からマリー・アントワネットまで  講師:福西弘美 8/19(水) 日程変更 →9/30(水)

    10.英国シルバー  講師:大原千晴 8/26(水)

    11.懐中時計から腕時計へ  講師:中島正晴 9/2(水)

    12.英国ビクトリア時代のテーブルセッティングと銀器  講師:大原千晴 9/16(水)

    後期 (第13回〜第24回)

    13.ヴィクトリア時代前期のイギリス家具  講師:蜷川浩史 10/7(水)

    14.ヴィクトリア時代のインテリア小物  講師:木本玲子 10/14(水)

    15.19世紀フランスの家具  講師:福西弘美 10/28(水)

    16.紀元前〜アール・デコ時代のアンティーク・ジュエリー  講師:有川一三 11/18(水)
    会場:「アルビオンアート」 (赤坂)
        アーク森ビル イーストウイング13階 http://www.albionart.com/

    17.ヴィクトリア時代後期のイギリス家具  講師:蜷川浩史 11/25(水)

    18.ウイリアム・モリスとリバティー、アーツ・アンド・クラフトの家具  講師:蜷川浩史 12/2(水)

    19.19世紀〜アール・デコ時代のフランス・リモージュ窯  講師:河合恵美 2016/1/13(水)

    20.アール・デコ時代の家具  講師:蜷川浩史 2016/1/20(水)

    21.素材で学ぶアール・ヌーヴォー ガラスから鉄細工まで  講師:児島洋介 2016/2/3(水)
    会場:「ラトゥリエ」(南青山)
        東京都港区南青山5-17-6 http://www.atelier-aw.com/

    22.フランスの布〜リヨンの絹からトワル・ド・ジュイまで  講師:福西弘美 2016/2/17(水)

    23.コスチューム・ジュエリー  講師:田中元子 2016/3/2(水)
    会場:「アクセサリーミュージアム」(目黒区・祐天寺)
        東京都目黒区上目黒4-33-12 http://acce-museum.main.jp/

    24.19世紀からミッドセンチュリーまでのイギリスの磁器  講師:小関由美 2016/3/23(水)

    蜷川浩史
    受講対象
    講座名 「アンティーク鑑定基礎コース (2015年度)〜アンティーク家具と装飾美術の歴史」
    講師 上記をご覧ください。
    日時 各回 19時〜21時
    定員 12名
    会場 ジェオグライフィカ 3F ライブラリー教室アクセス
    *他の会場で開催する回があります。上記をご確認ください。
    受講料 前期:60,000円(第1回〜第12回)
      後期:60,000円(第13回〜第24回)
      *前期・後期とも、2回に分けての分割払い可能
      単発の受講料:各回 5,800円

    蜷川浩史(にながわ ひろし)

    アンティーク家具鑑定・修復家。イギリス、ノッティンガム・ベースフォードカレッジ、アンティーク家具修復科を卒業。在学時にアンティーク家具修復国家資格(Higher National Diploma)を取得。「GEOGRAPHICA」では、アンティーク家具の買い付けを担当し年間5〜6回イギリス各地を巡る。「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝 なぜ生まれ、どう使われてきたのか」(メディアパル)監修。また各種イベントで講師を務める。

    *講師プロフィール一覧はこちら

     

    マダム・ジジからの手紙 モード・フリゾンのお城 石澤季里ブログバナー
    アルビオンアート
    これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝
    2012年6月8日発売
    「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里