• 旅して探すアンティーク、2017年はデンマークへの旅です。白糸刺繍やかつて「白い金」と尊ばれたロイヤル・コペンハーゲンやジョージ・ジェンセンなど、デンマークならではのアンティークを探しにゆきませんか?プレ・クラスは1/11よりスタートです。 くわしくはこちら→ 
    ライン

    ■2017/5/2(火)〜4(木)■カフェ・ド・セナクル&マーケット

    毎年、夏の盛りに開催している恒例のカフェ・ド・セナクル&マルシェを今年はGWに開催します。
    最近の蚤の市にアンティーク、骨董、ブロカント、ヴィンテージと様々なものが混在するように、 今年のカフェでは、西洋・東洋のボーダーラインを定めず「古き良きものを愛で、遊ぶ 美味しい時間」をみなさまと共有したいと思っています。 会期中は、プティ・セナクルの講師陣やスタッフの紹介を兼ねた、愛用のアンティークの展示・販売を行います。 普段は話す機会の少ない先生たちの意外な一面がアンティークを通して覗ける貴重な機会です。 また、素敵なアンティークが思いがけない値段で手に入るかもしれません!

    バロック・フルート奏者の舟本由美子さんによる「初夏の夕べの演奏会」、酒見りつ子さんが語る「楽しく始める不動産運用」講座、 購入可能なフランスの食材や雑貨をご覧いただきながら石澤季里が話す「行った気分のパリ案内」など、無料イベントも目白押し。 カフェでは、料理研究家、進藤由美子さんや三田村美和さんの作る美味しいランチ、お菓子、コーヒー、ワインやカクテルをご提供します。 数十メートル先の「ユラ・コワフュール」で開催されるブロカント、ワインバー(5/2、5/3)とともに、皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしています。

    プティ・セナクル代表・石澤季里

    主催:プティ・セナクル
    協力:ユラ・コワフュール、石丸潔、進藤由美子、舟本由美子、三田村美和(*)、酒見りつ子
    愛用品展示協力の先生方: 有川一三(アルビオンアート) (*)| 大原千晴(英国骨董おおはら)| 大平雅巳(*)| 上柳博美(I.S.U.house)| 河合恵美(CocoRococo)(*)| 木本玲子(attic)| 佐藤秀和(*)| 多賀谷洋子(パリスタイル)| 中川真貴| 中島正晴(マサズパスタイム)(*)| 福田典子 (ドルチェヴィータ)(*)| 福西弘美(euro life style)(*)| 石澤季里(プティ・セナクル)(*)| (*)は販売予定あり

    *5/3料理教室は要予約。5/4フレンチ松花堂弁当のお取置き可。
    *無料イベントは、ドリンクまたはスイーツなど、カフェメニューからいずれかをオーダーください。
    *写真はイメージです。

    *プティ・セナクル お問合せ TEL 03-3439-2044  メール antique@petitcenacle.jp
    ユラ・コワフュール お問合せ TEL 03-3420-6884 メール contact@yullacoiffure.com

    5月2日(火)15:00〜21:00

    ●カフェ&マーケット営業●

    【カフェ&バーメニュー】
    バリスタ野口のハンドドリップコーヒー、紅茶(石澤季里セレクト)
    上野珠美の手作りスイーツ(シフォンケーキ、ケークサレ、他)
    堀みち作製梅のカクテル
    フランス産アペタイザー

    【マルシェ】
    フランスから持ち帰った調味料、お菓子、雑貨、先生方の「古き良きもの」

    プティ・セナクルの講師陣である、アンティーク専門家、テーブルコーディネーター、インテリアデザイナーが所有する、アンティークの愛用品を展示・販売します。 「意外や意外、彼の方がこんなアンティークを愛でていたなんて!」「こんなに安くていいの?」という驚きの品も続々登場。乞うご期待です。

    ●イベント●

    15:00〜15:20
    石澤季里が話す「行った気分のパリ案内」#1(無料)

    16:00〜17:00
    バリスタ野口のカフェ・テイスティング(無料)

    使用する道具によって同じ豆でも微妙に異なるコーヒーの味。バリスタ野口がハンドドリップするコーヒーをテイスティングしながら、豆の持つ本来の美味しさを引き立てるための 道具や淹れ方を指導します。 テイスティング代:500円

    17:00〜17:20
    石澤季里が話す「行った気分のパリ案内」#2(無料)


    18:00〜21:00
    一夜限りのバー「K.I.2」オープン

    石澤季里のパリ時代からの友人、石丸潔がプロデュースするバータイムです。バーマン潔がシェーカー片手に作る特製カクテルや潔セレクトのワイン、アマレットなどのリキュール、他をアンティークグラスでサービスします。ちょっとおしゃれな雰囲気をお楽しみください。 *ノンアルコール類もあり。


    5月3日(水)12:00〜21:00

    ●カフェ&マーケット営業●

     

    ●イベント●


    12:00〜14:00
    フードコーディネーター・進藤由美子の eat well and laugh often 初夏を彩るフレンチ・スカンジナビア料理

    和食、イタリア、中華、フレンチといろいろな食材や調味料が登場する日本の日々の食卓。また、料理界の流れも、国境を超えてますますボーダレスになっている今日この頃。 コース料理をいただくと、世界を旅した気分になれる。そんな、おもてなし料理をお得意とするのが「クッキングスタジオY」の進藤由美子先生です。 当日は、先生の提案するレシピをお渡しし、「必ず作れるようになる」コツをお話しします。また、基本的な材料が手に入らないときの応用編も合わせて教えていただきます。 「決まりにとらわれず、自由に料理を楽しむ」をモットーに、eat well and laugh often な料理教室をみなさんで楽しみましょう。

    レッスン&ランチ 6,000円 / 要予約

    menu
    【前菜】 3種のオードブル
    ダブルサーモンのリエット クルトンと季節のフレッシュ野菜とともに
    ソフトドライトマトと水牛のモッツァレラチーズのブルスケッタ
    味噌松風焼きの柚子胡椒クリームソース
    【メイン】 風干し帆立貝のグリル サラダ仕立て レモンソース
    【デザート】 ウストカーカ(スウェーデンのチーズケーキ)、 コーヒーor 紅茶

    |進藤由美子|フードコーディネーター、テーブルコーディネーター、料理撮影スタジオ経営を経て、2002年より料理教室「Cooking Studio Y」を主宰。国内外の食を研究して作る創作料理が評判。また、大人の遊び心に溢れた自由な発想のテーブルコーディネートにも定評がある。http://www.cookingstudio-y.com/

    14:30〜15:00
    フランスとデンマーク 話題のアンティークショップ&グルメスポット 講師:石澤季里
    レクチャー お茶・お菓子付き 2,500円 / (料理教室とセットだと8,000円)

    18:00〜
    初夏の夕べの音楽会 バロックフルート演奏:舟本由美子(無料)

    |舟本由美子|昭和音楽大学フルート科卒業、同大学院音楽研究科修了。桐朋学園大学古楽器科の研究生として有田正広氏にフラウト・トラヴェルソを師事、ルネサンスから現代までのフルート演奏法を学ぶ。

    5月4日(木)12:00〜20:00
    (18:00からはバーメニュー)

    ●カフェ&マーケット営業●

    フレンチ松花堂弁当 2,000円(お持ち帰りも可能) 提供:おもてなし創作料理研究家・三田村美和

    |三田村美和|おもてなしクッキングサロン&レンタルサロン「ミモザ・ガーデン」主宰。イギリス、フランスのアンティーク食器やカトラリー、また日本の美しい陶磁器を用いた季節のテーブルコーディネートを愉しみながら、旬の食材や身近な食材を使ったデモンストレーションスタイルで、欧風料理、ビストロ料理、和食、中華料理、ハーブ料理、お菓子など、工夫を凝らした創作料理を提案する、おもてなしのスペシャリスト。東京・奥沢の閑静な住宅街に建てられた、イタリア建築家による設計のパティオを囲む白亜の建物「ミモザガーデン」のモダンな空間も自慢です。http://mimosagarden.jp/

    ●イベント●

    12:30〜/13:30〜
    三田村美和と石澤季里セッション「食卓のアンティーク 使いやすい器と盛り付けのコツ」(無料)

    15:00〜15:20
    石澤季里が話す「行った気分のパリ案内」#3(無料)

    16:00〜17:00
    楽しく始める不動産運用(無料) 講師:酒見りつ子

    |酒見りつ子| 1982年上智大学比較文化学科卒業。1995年ロンドンビジネススクールにてファイナンス修士習得。32年間国際金融業務に携わる。為替取引、金利商品 及びにオプション、スワップなどの派生商品などの業務を東京、ロンドン及びパリにて従事する。2002年よりロンドンのJPモルガンアセットマネージメン トにて海外企業年金の日本株投資アドバイス業務を12年間担当する。現在は第一線から退き東京で暮らす。


    17:00〜17:20
    石澤季里が話す「行った気分のパリ案内」#4(無料)

    18:00〜20:00
    アンティークを肴に集う会(無料)

    アンティークをお持ちになってもならなくても、どなたでも参加できます。自慢の品、履歴が判らず鑑定して欲しい品など、お気軽にお持ちください。

    お問合せ

    「プティ・セナクル」
    5/3料理教室のご予約、5/4フレンチ松花堂弁当のお取置きもこちらから

    電話 03-3439-2044   メール antique@petitcenacle.jp

    *無料イベントは、ドリンクまたはスイーツなど、カフェメニューからいずれかをオーダーください。

    ユラ・コワフュールのイベント

    5/2(火)
    12:00〜18:00 フランス・ブロカントやアンティーク販売  18:00〜21:00ワインバー営業

    5/3(水) ユラ&リラマルシェ
     1000〜17:00 朝市(お野菜、お花、お菓子)、お洋服、アクセサリー、ブロカント、アンティーク、
    フレンチレストランの瓶詰パテ、占い師さん、などなど

    「ユラ・コワフュール」 東京都世田谷区経堂1-17-13 TEL/FAX 03-3420-6884  http://yullacoiffure.com/about-yulla/

     

    カルチャーサロン「プティ・セナクル」

    行ってから学ぶ?
    それとも学んでから行く?
    それは貴方次第です。

     

    アンティーク鑑定コース
    フランスロワール貴族の城
    旅カルチャーコース
    フランスロワール貴族の城


    アンティーク鑑定コース

    現代市場に存在する美術品やラグジュアリーグッズは、すべてアンティークを模倣することから生み出されたものだといっても過言ではありません。アンティークが生まれた時代背景とその芸術様式を識り、さらには鑑定できるようになることは、言うなれば「100年後にアンティークに成りうる逸品」を見定めるスキルを養うことに等しいのです。講師は、西洋アンティーク協会理事長、大原千晴氏、アンティーク家具修復英国国家資格を修得した蜷川浩史氏、他、現地のアートスクールで学んだ経験豊富な講師が教鞭を執ります。

    旅カルチャーコース

    プティ・セナクルでは、フランス王立工房で作られたアンティークの調度品で飾られたシャトーに宿泊し、マナーやプロトコルに則した貴族の年間行事に参加する旅を提案しています。“人生そのものが芸術である”という、フランス流アール・ド・ヴィーヴルの教えを肌で感じる絶好の機会です。 また、アンティークやブロカントが溢れるマーケットを訪ねる「宝探し」の後には、アンティークモール「ジェオグラフィカ」の蚤の市に出店するなどの機会を通して、これまでに培ってきたセンスとディーリングのスキルを披露する場を提供します。

    プティ・セナクルでは国内外のパートナーと連携し、初めてアンティークに触れる方から、海外の専門機関での研修を目指す方まで、さまざまな学びの場を提供・サポートしています。

    「プティ・セナクルと学び」についてはこちらをご覧ください。

    講座シリーズ

    グルメ・レクチャー

    見て、聴いて、食べて、楽しいカルチャーとグルメのコラボレーション。テーブルウエアや料理、マナーの歴史等、西洋アンティーク協会会長で食文化ヒストリアンの大原千晴氏の軽妙なトークでお届けします。毎回テーマにあった雰囲気あるレストランで開催します。

     

    プティ・セナクルの講座

    プティ・セナクルは入会不要です。
    <アンティーク鑑定基礎コース><旅カルチャーコース>の各講座は、単発クラスとしてどなたでも受講いただけます。

    <アンティーク鑑定中級コース>は、アンティーク鑑定基礎(旧総合)コースの修了者、旅カルチャーコースの修了者、 または同等の知識を持つこと(*)が認められる方が対象です。(*)については事務局へお問合せください。

    プライベートレッスン

    ヨーロッパを旅する前に「今、最もhopなアンティーク・マーケット情報や、そこでトレジャー・ハンティングする秘訣を知りたい」 また、 「主催するイベントやパーティでアンティークのお話をききたい」 そんな方々のニーズに応える プライベートレッスンをお受けします。

    「プライベートレッスン」についてはこちら

    マダム・ジジからの手紙 モード・フリゾンのお城 石澤季里ブログバナー
    アルビオンアート
    マリー・アントワネット物語展
    これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝
    2012年6月8日発売
    「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」(メディアパル) 監修:プティ・セナクル/蜷川浩史・石澤季里・大原千晴・木本玲子・中島正晴、文:植田裕子/石澤季里